オススメの海外ドラマ10選

マッチングアプリTinderとは?MLM目的や詐欺師が多い?危険な人物を見極める方法について

Tinderとは

Tinderは、多くの若者に利用されている無料のマッチングアプリです。

マッチングアプリは最近とても流行っていますが、ほとんどが有料なものばかりで、気になる相手の連絡先を聞くのも難しいです。

それに対してTinderは、無料で簡単にLINEのIDや電話番号などを教えてもらうことができるためマッチングアプリの中でもだいぶ優れています。

そのため、世界的に人気で累計ダウンロード数は、5億以上で毎日のマッチ数は2600万以上と言われています。

人気の理由は、自分の半径数キロ以内でTinderに登録している異性の顔写真が表示され、表示された異性の写真を左右にスワイプするだけで簡単に、マッチすることができるからです。

また、登録もとても簡単で、Facebookのアカウントを持っていれば、無駄なアカウント登録も省けるのも魅力の一つです。

Tinder

Tinder
開発元:Tinder Inc.
無料
posted withアプリーチ

 

実際に使ってみた感想

Tinderを実際に使ってみた感想は、1日に10人以上とマッチして連絡を取り合うことができるので、他のマッチングアプリよりは使ってみる価値はあると思います。

ただ、マッチする人が大体外国人かビジネス系の人です笑

やっぱり、外国人の利用者が多いのでこれは仕方がないですね。

外国人の友達が欲しい方や、英語を話せるようになりたいという方はTinderを使うことをお勧めします!

Tinderは、元々出会い系サービスではなく社会的なつながりを作り出すサービスとして作られたため、恋愛を求めている方よりもビジネスをされている方が多いですね。

実際にマッチングした人と会ってみてもビジネスされている方がほとんどで、MLMに勧誘してきたり、投資話を持ちかけてきたりする人も多いです。

その反面、恋愛を目的とした人も実際に会ったこともあるので、会う前から連絡などで恋愛を目的にしている人なのかビジネスを目的としている人なのか見極めるのことが必要になってきます。

サクラはいるのか

マッチングアプリを利用するにあたってサクラがいるのか気になるところだと思いますが、Tinderにはほぼいないと言ってもいいでしょう。

サクラは正直写真と自己紹介の文章などを見ることでだいたい判断できちゃいます。

以下の特徴があるユーザーは、サクラの可能性があると一般的には言われています。

・可愛すぎる、格好良すぎる人の写真を使用(モデルのような写真)
・ 相手から卑猥なメッセージが頻繁に送られてくる
・ 自己紹介にスリーサイズが書いてある  
・プロフィール写真の画質が悪すぎるなど

これらの特徴が当てはまるユーザーは、Tinderではあまり見たことがないので、安心して利用しても大丈夫だと思います。

Tinderの危険性

マッチングアプリは、簡単に人と会えるという便利さがあるのに対して、危険な人物に会う可能性も十分にあります。

危険な人物とは、詐欺を目的に会おうとしてくる人やMLMに入れようとするために会おうとしてくる人のことです。

MLMの勧誘は、危険性は少ないのですが、MLMの中にも入会費が異常に高いところもありますので、気をつける必要は十分にあると思います。

僕が、Tinderで実際に会ったMLMをしている人の中でもアムウェイやリゾネットに所属している人が多かったと思います。

まあ、相手がMLMの勧誘してきたら、話を適当に流して帰り際に即ブロックしてやったらいいんですよ笑

一番気をつけなければいけないのが、詐欺を目的に会ってくる人です。

マッチングアプリでの詐欺の被害が最も多いと言われているのが、投資詐欺になります。

投資詐欺の中でも「ポンジ・スキーム」が有名です。

ポンジ・スキームとは、簡単に言うと自転車操業に近いもので、出資してもらった資金を運用し、その利益を出資者に(配当金などとして)還元する」などと謳っておきながら、謳っていることとは異なって実際には資金運用を行わず、後から参加させる別の出資者から新たに集めたお金を(やはり運用せず)以前からの出資者に“配当金”などと偽って渡すことで、あたかも資金運用が行われ利益が生まれてそれが配当されているかのように装うもののこと。

wikipedia引用

例えば、「FXや株でお金を運用してすごい利益が出てるから、出資してくれたら、出資額の10%毎月口座に振り込むよ」と言って、一般人からお金を集めます。

実際にはFXや株などでお金を運用していないため、集めたお金から出資者に月利を還元している形ですね。

実際にお金を運用していないため、利益が出ていないので何ヶ月かしたら、月々入金されていたお金が入ってこなくなります。

僕も実際にTinderを使って会った人からこの投資案件で230万円ほどの被害に遭いました笑

学生の時に投資詐欺で230万円騙された話。詐欺師の特徴や学んだことについて

危険な人物の見極め方

ビジネス系のユーザーにはまず気を付けたほうがいいです。

アカウントのプロフィール画像が、高級車や高そうな腕時計、いかにもビジネスしてますみたいな写真の場合は、絡まないのをおすすめします。

他にもこのようにビジネスを目的としたメッセージを送ってくる人もいます。

このようなメッセージが届いたら無視してブロックするといいでしょう。

一番危険なのは、初めは全くビジネスやってない感じで近づいてきて、徐々に勧誘してくるタイプの人です。

これは、本当に厄介です笑

メッセージだけだと偽ることが簡単にできますので、会ってみないと実際にはわかりません。

そのため、ビジネス系の人とは会いたくないという方は、自分のプロフィールの自己紹介の欄に「副業、ビジネスNG」などと書き込みましょう。

これだけで、ビジネス系の人からのメッセージは一気にこなくなります。

 

まとめ

Tinderは、マッチングアプリとしては、とても優れていると思います。

ただ、使い方を間違えてしまえば、僕のように取り返しのつかないぐらいの被害に遭う可能性も十分にあります。

そのため、危険性を十分に理解した上で使うことをお勧めします。

また、Tinderは恋愛を求めている人よりかは、ビジネスに対するモチベーションの高い人が多いので、恋愛を本気で求めている方は、有料のマッチングアプリは無数にあるのでそっちを使うことをお勧めします。

特にPairsやタップルがお勧めです!

お金をかけたくないという方は、Tinderで我慢しましょう笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。