オススメの海外ドラマ10選

不眠症が改善されるアプリ「マインドシャッフル」を使ってみた

考えごとをしてしまって眠れない時ってありますよね。

例えば、恋人と別れた時や仕事で失敗した時など、どうしても寝る時にふと考えごとをしてしまって眠れない日が続いてしまうなんていう経験をされたことがあると思います。

こんな時に、すぐに眠れるようになる魔法のようなアプリがあったら便利だと思いませんか??

実は、そんな魔法のようなアプリが実在するんです!!

今回は、メンタリストで有名なDaiGoさんの監修のもとで作られた、 認知シャッフル睡眠法を活用した「マインドシャッフル」というアプリについて紹介していきたいと思います!

認知シャッフル睡眠法とは

認知シャッフル睡眠法とは、頭の中でランダムに言葉から連想される情景を頭の中で次々と思い描いていくことで脳の活動を和らげ、眠りにつきやすくなる睡眠法のことです。

この睡眠法は、考えごとをしてしまって眠れない時とかに効果的と言われています。

一時期海外で話題になり、この睡眠法で多くの方が不眠症を改善したんだとか。

この睡眠法は日本でもかなり期待できる睡眠法になります!

 

マインドシャッフルを使ってみよう!

ダウンロード

早速、マインドシャッフルを使っていきましょう!

まずは、アプリをこちらからダウンロードしてください!!

マインドシャッフル

マインドシャッフル
無料
posted withアプリーチ
注意
このアプリは現在、AppStoreでしかリリースされていません。

アプリの起動

アプリを起動するとこのようにマインドシャッフルやこのアプリの操作方法についての簡単な説明が10ページくらい続きます。

説明を読むのが面倒という方は、右上に「×」ボタンがあるのでそちらをタップすると閉じることができます。

この説明は、初回の起動時だけしか表示されないので、一度目を通しておくことをオススメします!

使い方

説明を読んだ方は、既に使い方を理解されていると思いますが、一応説明しておきますね。

まず、真ん中の月のマークをタップします。

この時には、ベッドに横になって寝る準備をしましょう。

すると、このように画面が暗くなっていき、30分間10秒おきにランダムに単語が読み上げられます。

後は、読み上げられた単語を目をつむって思い浮かべるだけです。

読み上げのスピードや、声の高さ、読み上げの間隔などは、自分が好きなように設定することができます。

読み上げる単語を自分で作成

このアプリは、読み上げてくれる単語を自分で作成することができるので、その方法について簡単に説明していきますね。

まず、左上にある「三」マークをタップするとメニュー画面が開くので、「その他」にある「単語パック」をタップします。

次に「新しいパック作成」をタップして単語パックのタイトルを自分が好きなように入力していきます。

すると、このように単語を追加できる画面が出てきますので、読み上げてほしい単語をどんどん入力していきましょう!

単語パックが作成できたら、ホーム画面で設定していきましょう。

単語パック」をタップして先ほど作成した単語パックに設定すると、次回から、自分が追加した単語が読み上げられるようになります。

 

自動ロックの設定をしておこう

このアプリを使う上で自動ロックの設定は必要になってきます。

自動ロックの設定をしておかないと、単語が読み上げられる時間が経過したらiPhoneはずっとついたままになってしまうので、バッテリーがかなり消費してしまいますからね。

自動ロックの設定はとても簡単です。

まず、設定にある「画面表示と明るさ」をタップします。

後は、「自動ロック」で時間を設定するだけです。

実際に使ってみた感想

実際にマインドシャッフルを使ってみましたが、びっくりするほど効果がありました!

読み上げられてくる単語を思い浮かべていくので、いつの間にか考えていたことが頭からすべて排除されるんですよね。

なので、気づいたら朝だったっていう、不眠症の人からしたら本当に魔法のようなアプリだと思います。

しかも、目覚めもいいんですよね笑

このアプリを使う前は、あんま期待していなかったのですが、ここまで効果的だと思わなかったのでかなり驚いています。

まとめ

今回、マインドシャッフルというアプリについて紹介してきましたがいかがだったでしょうか。

実際に使ってみると、認知シャッフル睡眠法の効果が実感できると思います。

不眠症の方は、是非使ってみてください!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。